HOME/商品一覧/

分析辞典 虎の巻

 物理学、化学、機械工学などあらゆるサイエンスの分野の進歩発展によって、今日数多くの分析方法が開発され、それによって多種多様な分析装置が市販され、多方面で活用されています。

 初期の頃には、分析を行うためにはその分析原理を理解しておく必要があり、分析原理を理解して初めて正確な分析を実施できるとも言えました。また、分析装置を操作出来たとしても、きちんと分析データを取得し、解析するためには、分析原理を理解していることはもちろんのこと、高度な技術熟練ノウハウを要していました。そして、分析装置自体も高価で大型であったこと、絶対数も少なかったことから、限られた場面でしか必要とする分析手法を利用することができませんでした。

 しかし、分析装置自体の進歩もさることながら、コンピューターの劇的な進歩によって、分析は今や誰もが使い、誰でも使えるもの、極端な表現をすれば、その分析手法分析原理特徴をほとんど理解していなくても、分析装置を導入したその日の内に分析結果のデータを取得することができるような状況になってきています。そして、ルーチン的な内容であれば、分析データの解析さえも自動で行える装置も開発されています。

 また、既存の分析手法や分析装置の発展だけでなく、新たな分析手法も開発されており、その世界は飛躍的に広がってきています。

 このように様々な分析方法が開発され、分析を実施すること自体は容易になってきている状況はもちろん歓迎すべきであり、産業界に対しても大きく貢献しているものといえます。

 これは、研究開発、製造などのあらゆる場面において、今日のようにスピードや低コスト化が要求される状況においては、客観的事実、即ち、分析データを基にした現状把握と仮説の検証が不可欠であり、分析はそのために欠くことのできないものであるからと言えます。

 言い換えるなら、今日の技術者にとって分析技術の活用は必要不可欠なスキルとなっているのです。立場によって、自身の手で装置に触れることはなくとも、分析手法の有効活用、分析データ解析の開発等へのフィードバックは必須要件です。

 このような状況において研究開発、製造などを行っていく上では、多種多様な分析手法について、分析装置の操作方法だけでなく、その分析原理や特徴を理解することはもちろんのこと、それを用いることで何を知ることができるのか、どのような目的において使用するのが適切であるのか、また、活用していく上で注意すべき点、分析手法としての限界を十分に理解しておくことがとても重要となります。

 しかしながら、現実問題として全ての分析方法の原理や特徴を理解するだけでも独学では非常に難しいことであると言えます。ましてや、実践での応用を見据えて、数多くある手法についてその特徴、何を知ることができるのか、どのような目的に適しているのか、注意点、理解、長所・短所などについて理解することはさらに難しいこととなります。

 そこで本書では、工学博士でもあり、研究開発コンサルタントとして活躍する筆者のこれまでの20年以上にわたる長年の経験をもとにして、数々の分析手法について、原理はもちろんのこと、現場での応用・実践のための特徴、用途について詳細に解説しています。

 世の中にもいくつかの分析手法解説書はありますが、難しい分析装置の原理説明に多くのページを割いていることが多い状況です。しかし、今日のように装置が進歩すると詳細に分析原理を理解していることは必ずしも必須ではなくなってきています。

 それよりも、アプリケーション、道具として如何にして分析を使いこなしていくのかということの方が重要になってきています。もちろん、必要最低限知っておくべきことはありますから、その点については解説を加えています。

 重要なことは、個々の分析手法について何を知ることができ、何に使うことができるのか、という各分析方法の特徴を理解し、そして、その分析方法としての限界を理解することなのです。

 分析は研究開発、製造などにおいて非常に強力な武器ですが、ある意味両刃とも言えます。分析方法選択のミス、分析データ解析のミスなど、分析をきちんと理解していないがばかりに起きるミスがもとで大きな痛手を負うことは珍しいことではありません。

 特に、今日のように誰でも簡単に分析が実施できてしまうとその懸念は逆に大きくなってきているとも言えます。

 ぜひとも、本書を利用して、研究開発、製造の現場で本来の分析の威力を活用してください。

 実践に基づいた数多くの分析手法の情報やノウハウを通常の専門書よりも手に入れやすい980円という特別価格で、今回はご提供させていただきます。


「分析辞典 虎の巻

定価 980円(税込み)



当サイトではできるだけ安価にて御提供するためFC2カートを利用しております。

ご購入前の本書に関するご質問はお気軽にメールにてどうぞ