×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME/商品一覧/実践赤外分光法/

実践赤外分光法 − 目次と解説 −


【赤外分光法(FTIR)の原理】

 赤外分光法(FTIR)における基本原理を不必要な難しい原理ではなく、実践で使うことを前提に丁寧に分かりやすく説明しています。

【赤外分光法(FTIR)の特徴】

 赤外分光法(FTIR)特徴について、その長所だけではなく苦手(短所)とすることについても含めて解説しています。

【赤外分光法(FTIR)発展の歴史】

 赤外分光法(FTIR)の開発と発展の歴史について、実践での使用において役に立つということをポイントとして、その経緯と機能面での変遷、そして、今後の進む方向性についてまで言及しています。

【赤外(IR)スペクトル】

 単なるピーク帰属の羅列ではなく、実際のスペクトル例を踏まえて赤外(FTIR)スペクトルの全容を理解することをメインテーマとして記述しています。

【代表的な測定法】

 透過法、全反射法(ATR法)はもちろんのこと、拡散反射正反射法などFTIRにおいて主に使用される測定方法について、その原理特徴はもちろんのこと、適用対象、注意点など実践での応用を中心に詳細に解説しています。

【温度可変測定】

 赤外分光法(FTIR)の特徴の一つである状態解析の代表的方法である温度可変測定について、様々なモードでの測定に対して記述しています。

【赤外分光法(FT)IRスペクトルの見方】

 実際に代表的な材料について、そのスペクトルを例として解析の実際、注目すべき点、注意すべき点などについて実践に基づいて詳細に解説しています。

【各種材料の分析】

 実際の現場での評価・解析を念頭において、バルクフィルム粉末など様々な試料形状別異物汚染などの事例別について、測定法の選択、測定や解析における注意点、ノウハウなどについて詳細に解説しています。