HOME/商品一覧/本当の子供の育て方/

本当の子供の育て方 − 子供の叱り方 −

 子供を「叱る」と一言で表現しても様々な状況が考えられます。もちろん、ただ怒鳴り散らせば良いというものではありません。かといって、なだめすかしてばかりでは意味がありません。

 ただ、確実にいえることは、叱り方一つで子供の将来が大きく左右されるということです。親には、それだけの責任があり、正しく叱ることは親の義務なのです。

例えば、

あなたは、「叱る」と「怒る」違いを理解していますか?


 何気にその時の気分で、叱ると怒るを混同しているのではないでしょうか。言葉だけではありません。言葉が使い分けられていないということは、行動面でもきちんと理解で規定ないということです。


あなたは、公共の場で子供を正しく叱ることができていますか?


 ひょっとして、安直に知らないおじさんを巻き込んで、自分の責任逃れをしながらお決まりの間違いにおちいって子供を叱っていないでしょうか。


あなたは、子供を叱っている時の自分を見たことがありますか?


 あなたが叱っている(つもりの)時、子供からはどんな風にあなたが見えているのかという考えたことがあるでしょうか。

こんなことを一緒に考え、勉強していきましょう、というのがこの「本当の子供の育て方」です。

 叱るときのあなたの姿勢、態度、表情そういった外面的な部分の正しい表現の仕方、そして、考え方や信念といった内面的な心の持ち方などについて、様々なシチュエーションと角度で解説しています。叱るということは、ただその場だけで終わるものでも終わらせるものでもありません。先を見越して、一段も二段も高い心の持ち方をしなければなりません。

 もう一度聞きます。あなたは本当に子供を正しく叱ることができていますか?信念を持って子供と対峙できていますか?